お問い合わせ・
無料お見積もり
BinO スキップフロア
魔法の小箱

断熱材ってどんなものがある?【発泡ウレタン編】お知らせ・イベント情報

断熱材ってどんなものがある?【発泡ウレタン編】

マイホームで快適に過ごすために非常に大切なのが断熱材です。

断熱材がない家は外と同じ温度になってしまい、夏は暑く・冬は寒い状況の中で生活しなければなりません。対して断熱材がしっかり施工された家なら、エアコンなどで冷暖房をした空気が外に逃げにくくなるので快適です。

また、外気の影響も受けにくくなります。現在建てられている戸建てでは、断熱材は必ず施工してあります。

しかし、どのような断熱材が施工しているかは住宅会社によって異なります。断熱材によって建物の断熱性能は大きく変わるので、どのような断熱材があるのかを知ることはとても大切な事です。

今回は当社でも標準採用している「発泡ウレタン」という断熱材にスポットを当てて、メリット・デメリットなどを紹介します。

発泡ウレタンとは

発泡ウレタンとは、ウレタン樹脂にフロンガスなどの発泡剤を混ぜて作られた泡状の断熱材です。泡のようにふわふわとした見た目と肌触りですが、軟質・硬質があるウレタンの中でも硬質が住宅用の断熱材として使用されています。

現場に専門の施工業者が入り、1~2日かけて建物の内側から発泡ウレタンを吹き付けていきます。グラスウールなどの断熱材は現場に入る大工さんなどが施工しますので、専門業者が施工する点は大きな特徴の1つでしょう。

発泡ウレタンのメリット

発泡ウレタンのメリットをお伝えします。

熱伝導率が低い

発泡ウレタンはグラスウールなどと比べて熱伝導率が低い断熱材です。熱伝導率とは熱の移動しやすさを表す数値で、数字が低いほど熱を通しにくい素材ということがわかります。

住宅金融支援機構が公表している断熱材の熱伝導率の区分を見てみましょう。

A~Fで評価が付けられていて、Fに近づくほど熱伝導率の数字が低いことを表しています。

グラスウール:A~D
高性能グラス:ウールB~D
ロックウール:B~D
発泡ウレタン:C~D

グラスウールやロックウールに評価の幅があるのは、密度の違う商品があるからです。

グラスウールが標準のハウスメーカーでは、どのようなグラスウールを使っているのか詳しく確認しないと、AB評価の数値の断熱性能になっているかもしれません。

発泡ウレタンを見ると他の断熱材に比べて評価が高く、幅も狭いので断熱性と安定性が高い断熱材ということがわかります。

細かい部分まで施工できる

細かい部分まで施工できる

発泡ウレタンは吹き付けなので、細かな部分まで施工が可能です。木造住宅では細かな柱が組み合わさっていたり、換気の配管などが壁に施工されます。

グラスウールなどの場合、細部の施工は断熱材をカットして施工しているため、どうしても細かい隙間ができてしまいます。発泡ウレタンでは、細かい箇所でもシュッと吹き付ければ、もこもこと膨れ上がって隙間を埋めることができます。

そのため、発泡ウレタンは非常に気密性の高い断熱材と言われているのです。

気密性が高ければ隙間風が入る空間が小さくなりますので、外気温の影響を受けにくい家になります。また、屋内の快適な温度の空気を逃がしにくくなります。

密着性が高い

発泡ウレタンは構造躯体などとの密着性が高いと言われています。グラスウールなどは釘止めしていくので、施工技術によっては躯体との間に浮きが出てしまうことも多いです。

するとそこから外気や湿気が入り込み、室内が快適な環境ではなくなります。

対して、発泡ウレタンでは吹き付けた瞬間にシールのようにぴったりと躯体に張り付くので、浮きが生じることはありません。密着性が高いということは外気との接触を遮断することにつながり、断熱性能が上がります。

防音性が高い

発泡ウレタンは防音性にも優れた断熱材だと言われています。細かな気泡がたくさん合わさってできている断熱材なので、音を気泡内で吸収することができます。

そのため、室内の音を外部に漏らさず、屋外の騒音も気にならない快適な家を建てることが可能です。

結露を防ぐことができる

発泡ウレタンを施工した家は、結露を防ぐことができるというメリットもあります。

一般的に壁の中に隙間があると結露が起きやすいと言われています。発泡ウレタンは先ほどもお伝えした通り構造躯体と隙間ができにくい断熱材であり、湿気を通さないという特徴も持っています。

そのため、壁内結露が起こりにくい家を作ることができます。壁内結露が起こると構造躯体や住む人の身体に悪影響を及ぼすため、しっかりと結露対策ができる断熱材を選ぶことが大切です。

発泡ウレタンのデメリット

続いて、発泡ウレタンのデメリットをお伝えします。

専門業者の腕前に左右される

専門業者の腕前に左右される

発泡ウレタンは専門業者の手によって施工されています。専門の技術力を持った方の施工なので安心ではありますが、施工する人の腕前に左右されることもあります。

そのため、しっかりと吹き付けができているのかを、施工後にチェックする体制ができている住宅会社を選ぶことが必要です。

拓建ホームでは施工後に当社のスタッフが、品質を満たした仕上がりになっているかチェックし、納得してから次の工程に進むようにしています。

ご希望があれば施主様に見ていただくことも可能です。専門業者の実績ある施工力があるか、住宅会社の万全なチェック体制が整っているかを確認しましょう。

一般的なグラスウールに比べて価格が高い

発泡ウレタンは一般的なグラスウールと比べると価格が高いです。当社は標準仕様で発泡ウレタンを採用していますが、どうしてもグラスウールの建物と比べると価格が高くなってしまいます。

しかし、高いお金をかけてでも断熱材は性能の高い物を取り入れてほしいと考えています。なぜなら、断熱材は1度施工してしまえばやり直す機会は中々ない部分だからです。逆に言えば1度施工してしまうとリフォームするのが大変です。

クロスや壁を剥がして施工し直さなければいけませんからね。

少し費用は上がりますが、長い目で見て快適・お得に過ごせる家にするために、断熱材に初期投資してもいいでしょう。

まとめ

断熱材は家の住み心地を左右する非常に大切なものです。

家が完成してしまえば壁で隠れてしまいますので、気にして過ごす方はあまりいないですが、家族が快適に過ごすために陰ながら支えてくれている存在です。

発泡ウレタンは非常に断熱性が高く、防音・結露防止などの機能性にも優れています。拓建ホームでもお客様の快適な住まいを提供することを考えて、発泡ウレタンを標準仕様にて施工しています。

断熱材の性能について詳しくご説明もできますので、気になる方はぜひお声がけください。